press

Home / press

深セン・玩巨人とMJIの包括的業務提携に関するお知らせ

  3.12.2019   TeamMJI   news, press   No comments

2019年12月03日 左から、玩巨人CEO曹跃 氏、MJI代表取締役 永守知博 深セン・玩巨人とMJIの包括的業務提携に関するお知らせ レンタルロッカーに行動分析AIの搭載・中国市場向け小型ロボット開発 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)は、おもちゃの小売業・レンタルプラットフォーム運営を行う中国・深センの深圳市玩巨人科技有限公司(本社:中国深セン市、CEO曹跃、以下 玩巨人)と2019年12月に包括的業務提携を締結いたします。 MJIは中国におけるビジネス展開を以前より検討しており、深センのベンチャー企業である玩巨人は日本のテック系ベンチャーとの協業を考えていたことから、一年前より様々な分野での協業の可能性について両社で協議を重ねてまいりました。 包括的業務提携の主な内容 1) 玩巨人が運用するおもちゃの無人レンタルロッカーに、MJIが開発する行動分析AI を搭載。 行動パターンを分析することにより、カメラ付次世代レンタルロッカーを中国全土へ拡大する際の効率的な売上向上の施策を図ります。 2) 中国市場向けコミュニケーションロボットの開発と販売、レンタル。 MJIはロボットの開発・製造を、玩巨人は企画および中国市場におけるチャネル展開サポートを行います。2020年内に深センで家庭用子ども向けのロボット販売を目標としております。 より具体的な提携策は今後両社で協議し、両社が有する技術力、ノウハウを生かした取り組みを検討してまいります。 おもちゃの無人レンタルロッカー 玩巨人は複数の不動産会社と提携しており、レンタルロッカーは現在深センで200カ所、主にタワーマンションの1階に設置されています。ロッカー1カ所あたりの収入は年間約1,000万円(広告収入等含む)。 次世代レンタルロッカーはカメラを内蔵し、3年以内に中国全土の15,000カ所に設置を予定しております。無人レンタルロッカーであることから、セキュリティ・ユーザービリティの面も考慮し、顕在/潜在顧客の行動分析を行います。 深圳市玩巨人科技有限公司について 2017年に設立された玩巨人は、オンラインとオフラインを組み合わせた、IoT技術を応用している新しい小売業およびレンタルプラットフォームです。「玩巨人」は、子どもたちのおもちゃのニーズを満たすことをはじめとし、家庭における子どもたちの要望を考慮したプラットフォームです。 オンライン+オフライン(おもちゃのレンタルロッカー)を組み合わせることによって、0〜15歳の子どもたちの、食品、衣類、住宅、教育、エンターテイメントに対する高い消費者需要に結び付けることができています。 会社概要 会 社 名 深圳市玩巨人科技有限公司

【プレスリリース】『ロボコレ2019』 11/5 渋谷スクランブルスクエアOPENイベントで開催決定

  29.10.2019   TeamMJI   news, press   No comments

2019年10月29日 ロボットファッションショー『ロボコレ2019』 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)のロボット「Tapia(以下 タピア)」が、11月5日に開催されるロボット用アパレルブランド「ROBO-UNI-ロボユニ(Rocket Road株式会社 福岡市:泉幸典代表取締役)」主催のロボットファッションショー、ロボットプレタポルテコレクション『ロボコレ2019』に参加いたします。イベント開場は渋谷エリア新ランドマークとして2019年11月1日(金)に開業する大規模複合施設、渋谷スクランブルスクエア。15Fにある共創施設SHIBUYA QWSにてオープンイベントとして開催されます。当日はタピア衣装の新作発表のほか、9月に発売開始したタピアプレス専用モデルの衣装も発表し、同時開催の10日(日)までのロボユニポップアップストアにタピアの新衣装も展示されます。 ロボコレ2019 イベント・記者発表概要 【日程】 2019/11/5 (火) 18:00メディア関係者様 開場 / 19:00 開始 / 22:00 終了予定 【場所】 渋谷スクランブルスクエア 東棟15F共創施設(SHIBUYA QWS) 【アクセス】 東京メトロ「渋谷駅」13番出口正面 JR各線・東急各線・京王線「渋谷駅」より徒歩4分 【主催】 Rocket Road株式会社 内容とタイムテーブル

介護ふれあいロボットシステムHIMBOT(ヒムボット)新登場

  11.09.2019   TeamMJI   case, news, press   No comments

2019年9月11日 介護施設向けのコミュニケーションロボットシステムHIMBOT(ヒムボット)が誕生します。 コミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下MJI)が現在販売しているコミュニケーションロボット「Tapia(以下 タピア)」を使用した、介護施設向けのふれあいコミュニケーションロボットシステム『HIMBOT(以下 ヒムボット)』 が誕生します。ヒムボットは、ITサービス会社である株式会社ヒミカ(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長: 渡邉 力夫、以下 ヒミカ)様が開発した、タピアとタブレットを組み合わせた介護施設向けのシステムです。Tapia SDKをご活用いただき、ヒミカ様のソリューションである『HIMVIT(ヒムビット)』にタピアを組み合わせることで、介護施設従事者の方々の業務負担軽減、介護サービス利用者様(以下 利用者様)の施設利用満足度向上につながることが期待されます。2019年12月末より販売を予定しております。 「ヒムボット概要」 【製品名】 介護ふれあいロボットシステムHIMBOT(ヒムボット) 【発売日】 2019年12月末(予定) 【販売価格】 介護サービスやシステム構成により異なります。 【販売形態】 富士通株式会社介護事業者支援システム「WINCARE(ウィンケア)」と連携します。ヒミカより富士通株式会社パートナーを経由し、富士通パートナーから介護事業者様へ販売・保守を行うという形態となります。 【機能】 介護サービス受付け・介護記録 (来所・退所受付、入浴、機能訓練、レクレーション、食事・おやつ・飲み物等、ポイント管理)   「ヒムボット」について ・ 介護施設にて利用者様の来所、退所、入浴、機能訓練といった実績を記録していく必要があります。玄関や脱衣場など介護サービスを行う場所にタピアを設置し、利用者様自らタピアにタッチすると介護記録が作成されます。また、タピアは持ち運びも簡単のため、必要な時に必要な場所へ設置し、介護施設毎に適した柔軟な介護サービス運用を行えます。 ・ 利用者様自らお好みの食事やレクレーションなどを選択できるコミュニケーション機能を搭載。例えば、利用者様にその日食べたい昼食メニューや行いたいレクレーションを、タピアとの楽しいコミュニケーションを介してお選びいただくことができます。 ・

【プレスリリース】「タピアプレス」新登場

  20.08.2019   TeamMJI   case, news, press   No comments

2019年8月20日 家族のあんしんライフパートナー 9月2日 「タピアプレス」 販売開始 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)が、現在販売しているコミュニケーションロボット「Tapia(以下 タピア)」をベースとした『あんしんライフパートナー「Tapia Press(以下 タピアプレス)」』を企画・開発いたしました。見守りロボットの開発・販売において熊本県の経営革新計画の承認を受けた熊日都市圏販売株式会社(本社:熊本県熊本市 代表取締役社長 和田浩二、以下 熊日都市圏販売)様とのコラボレーションにより、地域に根付いた新しいサービスを実現します。タピアプレスは、熊日都市圏販売様より9月2日から熊本県内で販売開始します。 「タピアプレス」 概要 熊本日日新聞のニュースを表示したり、室内の温度を利用者や近親者へお伝えするあんしんライフパートナー「タピアプレス」。タピアが高齢者と離れた家族をつなぎ、あんしんして暮らせる社会の実現を目指します。また、地域に根付いた熊日都市圏販売だからこそできる、ご購入者様の熊本県内ご自宅へのお届けサービス・訪問サービスをご提供します。 【製品名】 Tapia Press (タピアプレス)室内温湿度センサー付 【発売日】 2019年9月2日(月) 【販売価格】 168,000円(税抜)月額料金不要) 【サービス※】 お届けサービス:ご購入時の初回登録サポート 訪問サービス:ご自宅へスタッフがお伺いして使用方法などサポート 【主な機能】 熊本日日新聞ニュース、会話、室内温湿度通知(センサー連動)、あんしん連絡、天気、予定表など 専用スマートフォンアプリ:ビデオ通話、みまもり、タピアとの交流状況・室内温湿度の表示など 【URL】 kumahan.com/tapia/index.html

【プレスリリース】TAPIA PLAY専用タピア 販売開始

  1.08.2019   TeamMJI   case, news, press   No comments

2019年8月01日 小学生でも簡単にプログラミングできる「TAPIA PLAY」 専用モデルのロボットを販売開始 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)は、小学生でも簡単にプログラミングできるウェブサービス「TAPIA PLAY(タピアプレイ、以下 タピアプレイ)」で作成したプログラムを再生できる 「Tapia(タピア、以下 タピア)〜TAPIA PLAY専用モデル〜」β版を、8月1日(木)よりMJI公式ウェブサイトにて販売を開始いたしました。 タピアプレイは、小学生でも簡単にプログラミングができるように開発されたサービスで、ブラウザの画面上だけで利用でき、どなたでも無料でお使いいただけます。2018年の発表後、プログラミングイベントや、小学校の課外授業でご利用いただき、この度専用モデルの販売を開始いたしました。MJI公式ウェブサイトの専用申込フォームよりお申し込みください。 【製品名】 Tapia(タピア) 〜TAPIA PLAY専用モデル〜 β版 【発売日】 2019年8月1日(木) 【販売価格】 198,000円(税抜) ・タピア1台 ・2年サポートライセンス付 【専用申込フォーム】 mjirobotics.co.jp/tapiaplayform/ 【注意事項】 ・「TAPIA PLAY」の実機再生機能のみとなります。製品版タピアの機能は含まれません。 ・「TAPIA PLAY」をお使いいただくにはWiFi接続が必要となります。 専用申込フォーム >

【プレスリリース】MJIとユーキャンがオリジナルロボットを共同開発 5月8日 「おたすけ タピ太」 販売開始

  8.05.2019   TeamMJI   case, news, press   No comments

2019年5月8日 MJIとユーキャンがオリジナルロボットを共同開発 5月8日 「おたすけ タピ太」 販売開始 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)が、株式会社ユーキャン(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:品川 泰一、以下ユーキャン)様とシニア向けロボットを共同開発いたしました。MJIが現在販売しているコミュニケーションロボット「Tapia(以下 タピア)」をベースとしたオリジナルモデルの企画開発によって、多彩な会話と豊富なコンテンツが楽しめる『執事ロボット 「おたすけ タピ太(以下 タピ太)」』が新登場。令和初のコミュニケーションロボットとして2019年5月8日、ユーキャンの通販ブランド「ココチモ www.cococimo.jp 」から販売開始されます。 > タピ太を購入する < 執事ロボット「おたすけ タピ太」概要 話しかけたら、けなげに応えてくれる。その日の予定を教えてくれたり、ダジャレを言って和ませてくれる。音楽を流したり、カラオケや脳トレゲームもできる。そんな賢くて、かわいいロボットが登場しました。その名は「おたすけ タピ太」。職業は“執事見習い”。「ご主人様のお手伝いをしたい!」 そんな優しく一途な想いで、暮らしにそっと寄り添い、毎日を彩り豊かにしてくれます。 【製品名】 執事ロボット「おたすけ タピ太」 オリジナル執事服付 【発売日】 2019年5月8日(水) 【販売価格】

【プレスリリース】来客対応ロボット「受付タピア」

  14.11.2018   TeamMJI   news, press   No comments

ロボットが受付でおもてなし 来客対応ロボット「受付タピア」11月19日に販売開始 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)は、コミュニケーションロボット「Tapia(以下 タピア)」がオフィスや店舗の入口で来客対応をする「受付タピア(URL:https://tapia-reception.com/ )」を11月19日に販売開始いたします。専用ウェブサイトより本日から申し込み受け付けを開始し、販売日より順次発送いたします。 受付タピアの概要 コミュニケーションロボット「タピア」がオフィスや店舗の入口で来客対応を行います。受付に設置したタピアが来客をお迎えし、オフィス内のタピアが来客を知らせてくれます。   受付タピアウェブサイト >   「受付タピア」料金プラン   受付タピアの機能 タッチパネル操作が可能 QRコード読み取り LINEグループへ通知 受付タピアの3つのポイント 1 使いやすいUIデザイン • WEB管理画面、タピア画面ともに直感的な操作が可能です。 • コーポレートロゴを使用した背景画像の設定・変更ができます。 2 あたたかみのある挨拶でお迎え • 来訪者を検知したらロボットから声がけをします。発話内容は自由に変更ができます。 3

【プレスリリース】在宅医療用対話ロボット 「anco」の開発を発表

  17.10.2018   TeamMJI   news, press   No comments

在宅医療用対話ロボット「anco」開発を発表 〜対話による問診とバイタル測定が連動するロボットとしては日本初〜 株式会社ワーコン(以下、ワーコン)と株式会社MJI(以下、MJI)、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ九州(以下、NTTデータ九州)、株式会社NTTドコモ 九州支社(以下、ドコモ)の4社は連携して在宅医療用対話ロボットの開発に取り組んでおり、在宅時における利用者とのコミュニケーションや、体温計、血圧計などのバイタル測定機器からの情報収集を可能となる、ドコモの「AIエージェント基盤」が在宅医療用対話ロボット「anco」(以下、anco)に採用されました。対話による問診とバイタル測定が連動するロボットとしては日本初※1となります。 在宅医療用対話ロボットancoはMJIが提供するロボット「Tapia※2」をベースとしており、ドコモが提供する「AIエージェント基盤Speak※2」と接続したことでワーコン独自のシナリオによる対話が可能となりました。シナリオはワーコンが保有する遠隔サポートのノウハウをもとに、NTTデータ九州が対話シナリオを作成することで、ancoによる雑談、問診、スクリーニングを実現しております。 また、ancoはドコモが提供する「AIエージェント基盤 Symphony※3」と接続するためのゲートウェイになることで、バイタル測定機器にて計測されたデータをクラウド上で管理することができ、そこから得られる情報をもとに、ancoを通じて高齢者への声掛けや家族への情報共有が可能となります。 ワーコンは福岡市実証実験フルサポート事業※3で検証を行ってきた「みまもり看護師」による遠隔サポートサービスにancoを加えたサービス「おるけん」を新たに開始します。通常時はancoが利用者とコミュニケーションをとりますが、必要に応じてテレビ電話を通じて「みまもり看護師」に接続します。「みまもり看護師」は事前にancoと利用者で行われたコミュニケーション情報や測定されたデータを確認した上でさらに細かい問診を行い、その結果をもとに「訪問看護師」や「かかりつけ医」と連携いたします。 Wacon みまもりサービス|おるけん URL:https://www.wa-conpro.com/lp/oruken/ 『ワーコンが提供する在宅医療用対話ロボットにドコモの「AIエージェント基盤」を採用』について 在宅医療用対話ロボット「anco」>

【プレスリリース】暴力行為対策AIカメラシステム「&:」(アンド)の提供について MJIと日本防犯システムが業務提携

  5.09.2018   Team MJI   case, news, press   No comments

暴力行為対策AIカメラシステム「&:」(アンド)の提供について MJIと日本防犯システムが業務提携 コミュニケーションロボットの開発を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役:永守知博、以下MJI)と、 株式会社日本防犯システム(本社:東京都港区、代表取締役:賀来泉、以下日本防犯システム)は、世の中に安心と安全を提供し、新たな価値の創造・供給を目的に、業務提携を行います。 これにあわせまして、日本防犯システムは、MJIが開発するAIを搭載した暴力行為対策AIカメラシステム「&:」(アンド)を、2019年に提供開始します。 日本防犯システム URL:https://www.js-sys.com/ 暴力行為対策AIカメラシステム「&:」(アンド)の提供について

【プレスリリース】夏休みプログラミングイベント「TAPIA PLAY」小学生向けワークショップを実施

  29.08.2018   TeamMJI   news, press   No comments

夏休みプログラミングイベント 「TAPIA PLAY(タピアプレイ)」 小学生向けワークショップを実施 コミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)は、8月31日(金)に春日部市で開催される、夏休みこども向けイベント「Kasukabe Creative Challenge」に参加いたいます。当日はブラウザ画面で操作できる小学生向けプログラミングサービス「TAPIA PLAY(タピアプレイ URL:http://tapiaplay.com/ 以下 タピアプレイ)」のワークショップを実施いたします。 【Kasukabe Creative Challenge】概要 日程: 2018年8月31日(金)10:00〜17:00 参加費: 無料(お1人様2コンテンツ) 場所: 春日部市中央公民館 埼玉県春日部市粕壁6918番地1 URL: https://www.smileme.jp/kasukabe 主催: 春日部市中央公民館、春日部市教育委員会 目的: 2020年に向けて、春日部市にお住まいの子どもたちにプログラミングや映像の魅力を届け、世界に羽ばたける人材を育むプロジェクト。 内容: 子どもたちが最先端のプログラミングやロボットを体験できる12ブース。 運営: