press

Home / press

【3/5更新】長期休校により在宅待機となるお子様のいるご家庭へ ロボット「タピア」期間限定無償レンタル開始

  3.03.2020   TeamMJI   news, press   No comments

2020年3月03日 長期休校により在宅待機となるお子様のいるご家庭へ ロボット「タピア」期間限定無償レンタル開始 職場や外出先から、みまもり・ビデオ通話で家族とつながる 【3/5更新】タピア期間限定無償レンタルの対象台数に達したため、現在お申込みを締め切らせていただいております。たくさんのお申し込みありがとうございました。タピアが少しでもみなさまのお役に立てますように。 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)は、新型コロナウイルスの影響による休校などで在宅が増えるお子様がいらっしゃるご家庭に向けて、コミュニケーションロボット「Tapia(タピア、以下 タピア)」の期間限定無償レンタルを開始します。対象製品は3月末より提供予定のサービス「Tapia Pocket(タピアポケット)」のタピアβ版です。MJIは、春休み前の急な休校措置でお困りの皆様に少しでもお役に立てるよう、ロボット「タピア」と付随するサービスを提供してまいります。新型コロナウイルス関連患者の方々の早期回復、拡大感染の終息をお祈り申し上げます。 スマホアプリとリンクした家族だけビデオ通話・みまもりできる お子様がスマートフォンをお持ちでなくても、ご家族はスマートフォンの専用アプリで、ご自宅のタピアを通してビデオ通話の発着信ができます。リンクした方だけがお使いいただける機能であり、知らない人からビデオ通話がくることはないので安心してお使いいただけます。みまもり時には誰がみまもっているかをタピアが発話し、画面部分に名前が表示されます。在宅中にお子様がいらっしゃるリビングなどに、タピアを設置いただくことをお勧めいたします。 コミュニケーションロボット「タピア」について タピアは、くりくりの目が特徴的な卵形のコミュニケーションロボットです。コンセプトである「人と人をつなぐパートナー」となるように、そして便利なだけではなくより楽しく豊かな生活をサポートするために、家庭用ロボットとして誕生しました。 タピアのデザインや機能拡張性から、IoTサービスロボット、店舗での受付ロボット、小学校の課外授業教材としてなど多種多様なビジネスシーンや用途でも導入されています。カメラ、スピーカー、マイク、タッチパネルモニタを搭載し、バッテリーを内蔵した身長約25cmのロボット。タピア自身が発話するだけでなく、モニタ部分に豊かな表情、テキストや動画などの表示をして、情報を伝えることができます。 ロボットや人工知能が人の仕事を奪う・脅威になると言われている昨今、タピアは脅威的な存在ではない・自発的に動くロボットではないことを表現するために、移動しない据え置き型で、手足のない卵型の形状をしています。これにより、人に寄り添えるような、また人が自然に接することができるような丸みを帯びたあたたかみを持ち、あらゆる環境でも馴染むシンプルなデザインを実現しました。 タピアポケットβ版 期間限定無償レンタルサービス URL:mjirobotics.co.jp/tapiapocketform レンタル期間:3/5(木)〜3/20(金)申込手続き完了次第随時発送 レンタル対象:在宅待機となる小学生のお子様がいらっしゃる個人のご家庭   【タピアポケットβ版で利用できる主な機能】 おはなしモード トップニュースや様々なジャンルのニュースを表示。 辞書 知りたい言葉はタピアで音声検索。検索結果は文字と画像で案内されます。 カメラ 撮った写真はタピア本体に保存されます。専用アプリからも保存した写真の閲覧・保存ができます。 タピアでんわ お顔をみながらビデオ通話ができます。専用アプリ・タピアからそれぞれ発着信ができます。

在宅中は無料WEBサービス「TAPIA PLAY」でプログラミング学習を

  2.03.2020   TeamMJI   news, press   No comments

2020年3月02日 長期休校によるお子様の在宅中はご家庭でできるかんたんプログラミング学習無料WEBサービス「TAPIA PLAY(タピアプレイ)」 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)が提供する、ブラウザ画面で操作できるプログラミングサービス「TAPIA PLAY(タピアプレイ URL:tapiaplay.com 以下 タピアプレイ)」。タピアプレイは、小学生でも簡単にプログラミングができるように開発された無料サービスです。新型コロナウイルスの影響による休校などで在宅が増えるお子様のプログラミング学習に「タピアプレイ」をお役立てください。 MJIは、休校などで在宅が増える小学生のお子様のいるご家庭の皆様に少しでもお役に立てるよう、ロボット「タピア」と付随するサービスを提供してまいります。最新の情報は、MJI公式HPのお知らせよりご案内いたします。新型コロナウイルス関連患者の方々の一日も早い回復と、感染の終息をお祈りいたします。 タピアプレイURL mjirobotics.co.jp/tapiaplay/ 会員登録「Tapia Galaxy」 URL galaxy.tapia.co.jp/ 対象年齢 9歳〜 推薦環境 OS…Windows 10 / Mac OS X Chromeブラウザ CPU…Intel Core i3 以上、メモリ…4GB以上

新サービス 「Tapia Pocket(タピアポケット)」

  12.02.2020   TeamMJI   news, press   No comments

2020年2月12日 ロボットの月額定額制レンタル発表!5,480円で家庭にやってくる 新サービス 「Tapia Pocket(タピアポケット)」 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)は、コミュニケーションロボット「Tapia(タピア、以下 タピア)」の月額定額制レンタル新サービス「Tapia Pocket(タピアポケット、以下 タピアポケット)」を発表いたします。月額5,480円(税別)で、タピアをご家庭でお使いいただけます。2020年3月末から専用ページにて申込を開始し、2020年度内に2,000台のレンタル普及を目指します。 タピアポケット概要 【サービス名】 Tapia Pocket(タピアポケット) 【サービス開始】 2020年3月末 【レンタルプラン】 月額5,480円(税抜) 【主な機能】 会話、ショッピング、予定表、みまもり、ビデオ通話、ニュース、辞書 【URL】 https://mjirobotics.co.jp/tapia-pocket/ 【コンセプトムービー】 https://youtu.be/LzJ3Wu_ANL8 【タピアポケットについて】 タピアポケットとは モノ・コトなどあらゆる情報が、家にいながらカンタンに、<タピア>というポケットの中から取り出せる。 人・サービス・企業をつなぐ、タピアの新プラットフォーム『タピアポケット』。 ポケットユーザー:ご家庭でタピアをお使いいただく方。 ポケットパートナー:タピアポケット上でサービス展開をする法人・企業・団体パートナー。

【プレスリリース】京都 東寺でAIシステムによる危険検知のデモンストレーションを実施

  30.01.2020   TeamMJI   news, press   No comments

2020年1月30日 京都 東寺でAIシステムによる危険検知のデモンストレーションを実施  AI及びコミュニケーションロボットの開発を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)は、危険物や暴力行為、危険時の従業員の行動を検知するAI危険検知システム「&:」(アンド)を株式会社日本防犯システム様と共同開発しています。2019年12月26日、京都の東寺にて、AI危険検知システムの有効性の確認を行うためのデモンストレーションを実施いたしました。 1.防犯カメラの設置 2.人・行動の検知の様子  昨今の刃物を使用した路上での殺傷事件や、駅構内での暴力行為など日々の生活を脅かす犯罪が後を絶ちません。我々は、このような現状を一刻も早く打破するべく日々開発を進めています。また、不特定多数の人が出入りする場所・無人状態の店舗での放火、災害時における出火を一刻も早く検知し通知することも被害を最小限に抑えるために重要不可欠な要素となります。 【概要】 1.目的: 不特定多数の参拝者が出入りする境内を想定し、AI危険検知システムと防犯カメラをプレハブに設置。参拝者同士のトラブル、境内の異変を検知し、警備におけるAI危険検知システムの有効性の確認を行う。 2.日程・場所 2019年12月26日 10:00〜13:00 〒601-8473 京都市南区九条町1番地 真言宗総本山 東寺 【教王護国寺】 3.AIで検知する対象 ①炎 ②ナイフ 【デモンストレーション評価】 3.防犯カメラの映像とシステム 4.検知対象の炎の様子 ① 炎 ロウソクの炎を用意。小さな炎でかつ昼間の明るい時間帯でも検知することができました(2ページ目 4の画像)。これにより、境内の無人状態や、松明などの炎が無い状態、また深夜帯でも炎の検知する可能性が高いと評価しました。 ② ナイフ

【お知らせ】治験促進支援ロボットとして「タピア」が採用されました

  13.12.2019   Team MJI   case, news, press   No comments

2019年12月13日 治験促進支援ロボットとして「タピア」が採用されました 〜11月よりパイロット運用を開始〜 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJIのコミュニケーションロボット「Tapia(タピア)」が、製薬会社である日本イーライリリー様の治験の啓発、治験参加の募集、同意説明文書の解説、参加者の治験継続の支援などに活用されるロボットとして採用されました。   日本イーライリリー 患者さんがより参加しやすい治験促進のため 日本初たまご型ロボット「タピア」を導入 ~新しいテクノロジーで患者さんの治験の参加促進・継続に貢献~ 日本イーライリリー株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:シモーネ・トムセン、以下、日本イーライリリー)は、小児患者さんが治験に参加しやすい環境づくりのため、2019 年 11 月より、たまご型ロボット「Tapia(以下、「タピア」)」*1(株式会社 MJI 社製)を用いて、小児を対象とした治験の啓発、治験参加者の募集、同意説明文書の説明及び参加者の治験継続を支援するパイロット運用を開始しました。 詳細は日本イーライリリー様のプレスリリースをご参照ください。

【プレスリリース】深セン・玩巨人とMJIの包括的業務提携に関するお知らせ

  3.12.2019   TeamMJI   news, press   No comments

2019年12月03日 左から、玩巨人CEO曹跃 氏、MJI代表取締役 永守知博 深セン・玩巨人とMJIの包括的業務提携に関するお知らせ レンタルロッカーに行動分析AIの搭載・中国市場向け小型ロボット開発 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)は、おもちゃの小売業・レンタルプラットフォーム運営を行う中国・深センの深圳市玩巨人科技有限公司(本社:中国深セン市、CEO曹跃、以下 玩巨人)と2019年12月に包括的業務提携を締結いたします。 MJIは中国におけるビジネス展開を以前より検討しており、深センのベンチャー企業である玩巨人は日本のテック系ベンチャーとの協業を考えていたことから、一年前より様々な分野での協業の可能性について両社で協議を重ねてまいりました。 包括的業務提携の主な内容 1) 玩巨人が運用するおもちゃの無人レンタルロッカーに、MJIが開発する行動分析AI を搭載。 行動パターンを分析することにより、カメラ付次世代レンタルロッカーを中国全土へ拡大する際の効率的な売上向上の施策を図ります。 2) 中国市場向けコミュニケーションロボットの開発と販売、レンタル。 MJIはロボットの開発・製造を、玩巨人は企画および中国市場におけるチャネル展開サポートを行います。2020年内に深センで家庭用子ども向けのロボット販売を目標としております。 より具体的な提携策は今後両社で協議し、両社が有する技術力、ノウハウを生かした取り組みを検討してまいります。 おもちゃの無人レンタルロッカー 玩巨人は複数の不動産会社と提携しており、レンタルロッカーは現在深センで200カ所、主にタワーマンションの1階に設置されています。ロッカー1カ所あたりの収入は年間約1,000万円(広告収入等含む)。 次世代レンタルロッカーはカメラを内蔵し、3年以内に中国全土の15,000カ所に設置を予定しております。無人レンタルロッカーであることから、セキュリティ・ユーザービリティの面も考慮し、顕在/潜在顧客の行動分析を行います。 深圳市玩巨人科技有限公司について 2017年に設立された玩巨人は、オンラインとオフラインを組み合わせた、IoT技術を応用している新しい小売業およびレンタルプラットフォームです。「玩巨人」は、子どもたちのおもちゃのニーズを満たすことをはじめとし、家庭における子どもたちの要望を考慮したプラットフォームです。 オンライン+オフライン(おもちゃのレンタルロッカー)を組み合わせることによって、0〜15歳の子どもたちの、食品、衣類、住宅、教育、エンターテイメントに対する高い消費者需要に結び付けることができています。 会社概要 会 社 名 深圳市玩巨人科技有限公司

【プレスリリース】『ロボコレ2019』 11/5 渋谷スクランブルスクエアOPENイベントで開催決定

  29.10.2019   TeamMJI   news, press   No comments

2019年10月29日 ロボットファッションショー『ロボコレ2019』 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)のロボット「Tapia(以下 タピア)」が、11月5日に開催されるロボット用アパレルブランド「ROBO-UNI-ロボユニ(Rocket Road株式会社 福岡市:泉幸典代表取締役)」主催のロボットファッションショー、ロボットプレタポルテコレクション『ロボコレ2019』に参加いたします。イベント開場は渋谷エリア新ランドマークとして2019年11月1日(金)に開業する大規模複合施設、渋谷スクランブルスクエア。15Fにある共創施設SHIBUYA QWSにてオープンイベントとして開催されます。当日はタピア衣装の新作発表のほか、9月に発売開始したタピアプレス専用モデルの衣装も発表し、同時開催の10日(日)までのロボユニポップアップストアにタピアの新衣装も展示されます。 ロボコレ2019 イベント・記者発表概要 【日程】 2019/11/5 (火) 18:00メディア関係者様 開場 / 19:00 開始 / 22:00 終了予定 【場所】 渋谷スクランブルスクエア 東棟15F共創施設(SHIBUYA QWS) 【アクセス】 東京メトロ「渋谷駅」13番出口正面 JR各線・東急各線・京王線「渋谷駅」より徒歩4分 【主催】 Rocket Road株式会社 内容とタイムテーブル

介護ふれあいロボットシステムHIMBOT(ヒムボット)新登場

  11.09.2019   TeamMJI   case, news, press   No comments

2019年9月11日 介護施設向けのコミュニケーションロボットシステムHIMBOT(ヒムボット)が誕生します。 コミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下MJI)が現在販売しているコミュニケーションロボット「Tapia(以下 タピア)」を使用した、介護施設向けのふれあいコミュニケーションロボットシステム『HIMBOT(以下 ヒムボット)』 が誕生します。ヒムボットは、ITサービス会社である株式会社ヒミカ(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長: 渡邉 力夫、以下 ヒミカ)様が開発した、タピアとタブレットを組み合わせた介護施設向けのシステムです。Tapia SDKをご活用いただき、ヒミカ様のソリューションである『HIMVIT(ヒムビット)』にタピアを組み合わせることで、介護施設従事者の方々の業務負担軽減、介護サービス利用者様(以下 利用者様)の施設利用満足度向上につながることが期待されます。2019年12月末より販売を予定しております。 「ヒムボット概要」 【製品名】 介護ふれあいロボットシステムHIMBOT(ヒムボット) 【発売日】 2019年12月末(予定) 【販売価格】 介護サービスやシステム構成により異なります。 【販売形態】 富士通株式会社介護事業者支援システム「WINCARE(ウィンケア)」と連携します。ヒミカより富士通株式会社パートナーを経由し、富士通パートナーから介護事業者様へ販売・保守を行うという形態となります。 【機能】 介護サービス受付け・介護記録 (来所・退所受付、入浴、機能訓練、レクレーション、食事・おやつ・飲み物等、ポイント管理)   「ヒムボット」について ・ 介護施設にて利用者様の来所、退所、入浴、機能訓練といった実績を記録していく必要があります。玄関や脱衣場など介護サービスを行う場所にタピアを設置し、利用者様自らタピアにタッチすると介護記録が作成されます。また、タピアは持ち運びも簡単のため、必要な時に必要な場所へ設置し、介護施設毎に適した柔軟な介護サービス運用を行えます。 ・ 利用者様自らお好みの食事やレクレーションなどを選択できるコミュニケーション機能を搭載。例えば、利用者様にその日食べたい昼食メニューや行いたいレクレーションを、タピアとの楽しいコミュニケーションを介してお選びいただくことができます。 ・

【プレスリリース】「タピアプレス」新登場

  20.08.2019   TeamMJI   case, news, press   No comments

2019年8月20日 家族のあんしんライフパートナー 9月2日 「タピアプレス」 販売開始 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)が、現在販売しているコミュニケーションロボット「Tapia(以下 タピア)」をベースとした『あんしんライフパートナー「Tapia Press(以下 タピアプレス)」』を企画・開発いたしました。見守りロボットの開発・販売において熊本県の経営革新計画の承認を受けた熊日都市圏販売株式会社(本社:熊本県熊本市 代表取締役社長 和田浩二、以下 熊日都市圏販売)様とのコラボレーションにより、地域に根付いた新しいサービスを実現します。タピアプレスは、熊日都市圏販売様より9月2日から熊本県内で販売開始します。 「タピアプレス」 概要 熊本日日新聞のニュースを表示したり、室内の温度を利用者や近親者へお伝えするあんしんライフパートナー「タピアプレス」。タピアが高齢者と離れた家族をつなぎ、あんしんして暮らせる社会の実現を目指します。また、地域に根付いた熊日都市圏販売だからこそできる、ご購入者様の熊本県内ご自宅へのお届けサービス・訪問サービスをご提供します。 【製品名】 Tapia Press (タピアプレス)室内温湿度センサー付 【発売日】 2019年9月2日(月) 【販売価格】 168,000円(税抜)月額料金不要) 【サービス※】 お届けサービス:ご購入時の初回登録サポート 訪問サービス:ご自宅へスタッフがお伺いして使用方法などサポート 【主な機能】 熊本日日新聞ニュース、会話、室内温湿度通知(センサー連動)、あんしん連絡、天気、予定表など 専用スマートフォンアプリ:ビデオ通話、みまもり、タピアとの交流状況・室内温湿度の表示など 【URL】 kumahan.com/tapia/index.html

【プレスリリース】TAPIA PLAY専用タピア 販売開始

  1.08.2019   TeamMJI   case, news, press   No comments

2019年8月01日 小学生でも簡単にプログラミングできる「TAPIA PLAY」 専用モデルのロボットを販売開始 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)は、小学生でも簡単にプログラミングできるウェブサービス「TAPIA PLAY(タピアプレイ、以下 タピアプレイ)」で作成したプログラムを再生できる 「Tapia(タピア、以下 タピア)〜TAPIA PLAY専用モデル〜」β版を、8月1日(木)よりMJI公式ウェブサイトにて販売を開始いたしました。 タピアプレイは、小学生でも簡単にプログラミングができるように開発されたサービスで、ブラウザの画面上だけで利用でき、どなたでも無料でお使いいただけます。2018年の発表後、プログラミングイベントや、小学校の課外授業でご利用いただき、この度専用モデルの販売を開始いたしました。MJI公式ウェブサイトの専用申込フォームよりお申し込みください。 【製品名】 Tapia(タピア) 〜TAPIA PLAY専用モデル〜 β版 【発売日】 2019年8月1日(木) 【販売価格】 198,000円(税抜) ・タピア1台 ・2年サポートライセンス付 【専用申込フォーム】 mjirobotics.co.jp/tapiaplayform/ 【注意事項】 ・「TAPIA PLAY」の実機再生機能のみとなります。製品版タピアの機能は含まれません。 ・「TAPIA PLAY」をお使いいただくにはWiFi接続が必要となります。 専用申込フォーム >