news

Home / news

深セン・玩巨人とMJIの包括的業務提携に関するお知らせ

  3.12.2019   TeamMJI   news, press   No comments

2019年12月03日 左から、玩巨人CEO曹跃 氏、MJI代表取締役 永守知博 深セン・玩巨人とMJIの包括的業務提携に関するお知らせ レンタルロッカーに行動分析AIの搭載・中国市場向け小型ロボット開発 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)は、おもちゃの小売業・レンタルプラットフォーム運営を行う中国・深センの深圳市玩巨人科技有限公司(本社:中国深セン市、CEO曹跃、以下 玩巨人)と2019年12月に包括的業務提携を締結いたします。 MJIは中国におけるビジネス展開を以前より検討しており、深センのベンチャー企業である玩巨人は日本のテック系ベンチャーとの協業を考えていたことから、一年前より様々な分野での協業の可能性について両社で協議を重ねてまいりました。 包括的業務提携の主な内容 1) 玩巨人が運用するおもちゃの無人レンタルロッカーに、MJIが開発する行動分析AI を搭載。 行動パターンを分析することにより、カメラ付次世代レンタルロッカーを中国全土へ拡大する際の効率的な売上向上の施策を図ります。 2) 中国市場向けコミュニケーションロボットの開発と販売、レンタル。 MJIはロボットの開発・製造を、玩巨人は企画および中国市場におけるチャネル展開サポートを行います。2020年内に深センで家庭用子ども向けのロボット販売を目標としております。 より具体的な提携策は今後両社で協議し、両社が有する技術力、ノウハウを生かした取り組みを検討してまいります。 おもちゃの無人レンタルロッカー 玩巨人は複数の不動産会社と提携しており、レンタルロッカーは現在深センで200カ所、主にタワーマンションの1階に設置されています。ロッカー1カ所あたりの収入は年間約1,000万円(広告収入等含む)。 次世代レンタルロッカーはカメラを内蔵し、3年以内に中国全土の15,000カ所に設置を予定しております。無人レンタルロッカーであることから、セキュリティ・ユーザービリティの面も考慮し、顕在/潜在顧客の行動分析を行います。 深圳市玩巨人科技有限公司について 2017年に設立された玩巨人は、オンラインとオフラインを組み合わせた、IoT技術を応用している新しい小売業およびレンタルプラットフォームです。「玩巨人」は、子どもたちのおもちゃのニーズを満たすことをはじめとし、家庭における子どもたちの要望を考慮したプラットフォームです。 オンライン+オフライン(おもちゃのレンタルロッカー)を組み合わせることによって、0〜15歳の子どもたちの、食品、衣類、住宅、教育、エンターテイメントに対する高い消費者需要に結び付けることができています。 会社概要 会 社 名 深圳市玩巨人科技有限公司

【メディア】台湾・義大病院で健康管理ロボットとして導入開始(中時電子報)

  20.11.2019   Team MJI   news   No comments

2019年11月20日 『台湾の人々の30%近くが健康に関する知識が不十分。AIは体重を正しく減らすことを教えます』 台湾で発行されている新聞のWEB版「中時電子報」にTapia(タピア)が掲載されました。MJIが開発した健康管理をするタピアが、台湾の高雄にある義大病院の家庭医学科と薬剤部に導入開始されました。現在は実験段階であり、効果によって病院内で広く導入することが検討されています。 記事要約 「統計によると、台湾の人々の30%近くが健康に関する知識が不十分です。一部の人々は糖尿病は問題ではないと考えていますが、砂糖の過剰摂取による脂肪肝の過度のリスクにさらされています。肥満は多くの慢性疾患の原因であるという事実を考慮して、義大病院はダイエットや運動を通じて体重を適切に制御することを人々に教えるAIロボットを開発しました。(中略)利用者の70%が体重管理することを決心し、そのうち10%がすでに減量や栄養相談等の行動を起こしていると述べています。」 記事はこちら:『3成國人健康識能不足!AI教你正確減重』 ※リンク先は台湾のWEBメディアのため中国語

【メディア】富士通/ヒミカ,コミュニケーションロボットで利用者とスタッフの双方を“楽”にする「HIMBOT」を出展(innavi net)

  30.10.2019   Team MJI   news   No comments

2019年10月30日 『富士通/ヒミカ,コミュニケーションロボットで利用者とスタッフの双方を“楽”にする「HIMBOT」を出展』 「国際福祉機器展 H.C.R.2019」に出展した愛知県豊橋市の株式会社ヒミカ様開発のTapia(タピア)を活用した「HIMBOT」の記事が、画像とITの医療情報ポータルサイト「innavi net」に掲載されました。 HIMBOTについての記事はこちら:https://www.innervision.co.jp/report/hcr/2019/repo/fujitsu_himika_repo 【株式会社ヒミカ様について】 株式会社ヒミカ 医療福祉本部 〒441-8019 愛知県豊橋市花田町字荒木95番地 URL:http://www.himika.co.jp/ URL:http://products.himika.co.jp 当社は、愛知県豊橋市を中心に自治体、病院、各企業、及び諸団体への情報サービス専門企業として事業を行っており、富士通株式会社様パートナーとして50年にわたり多くのお客様の信頼できるパートナーとしてご愛顧いただいております。 当社では、2000年からの介護保険制度開始とともに、介護サービス向けシステムの販売・開発を行ってきました。これまでのノウハウを基に2013年にはタブレット型介護記録システム「HIMVIT(ヒムビット)」をリリースし、この度MJI様のコミュニケーションロボット「タピア」を使用した「介護ふれあいロッボットシステムHIMBOT(ヒムボット)」をリリースいたします。介護事業に携わるスタッフ様の負担が軽減でき、かつ介護サービスを受ける利用者様の笑顔が増えるよう、一生懸命開発を行っています。 HIMBOTについてはこちら:「介護ふれあいロボットシステムHIMBOT(ヒムボット)新登場」

【プレスリリース】『ロボコレ2019』 11/5 渋谷スクランブルスクエアOPENイベントで開催決定

  29.10.2019   TeamMJI   news, press   No comments

2019年10月29日 ロボットファッションショー『ロボコレ2019』 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)のロボット「Tapia(以下 タピア)」が、11月5日に開催されるロボット用アパレルブランド「ROBO-UNI-ロボユニ(Rocket Road株式会社 福岡市:泉幸典代表取締役)」主催のロボットファッションショー、ロボットプレタポルテコレクション『ロボコレ2019』に参加いたします。イベント開場は渋谷エリア新ランドマークとして2019年11月1日(金)に開業する大規模複合施設、渋谷スクランブルスクエア。15Fにある共創施設SHIBUYA QWSにてオープンイベントとして開催されます。当日はタピア衣装の新作発表のほか、9月に発売開始したタピアプレス専用モデルの衣装も発表し、同時開催の10日(日)までのロボユニポップアップストアにタピアの新衣装も展示されます。 ロボコレ2019 イベント・記者発表概要 【日程】 2019/11/5 (火) 18:00メディア関係者様 開場 / 19:00 開始 / 22:00 終了予定 【場所】 渋谷スクランブルスクエア 東棟15F共創施設(SHIBUYA QWS) 【アクセス】 東京メトロ「渋谷駅」13番出口正面 JR各線・東急各線・京王線「渋谷駅」より徒歩4分 【主催】 Rocket Road株式会社 内容とタイムテーブル

【メディア】おしゃべりロボット見守ります「元気デスカ?」健康を管理 孤独和らげ 家族に報告(西日本新聞)

  25.10.2019   Team MJI   news   No comments

2019年10月25日 『おしゃべりロボット見守ります「元気デスカ?」健康を管理 孤独和らげ 家族に報告』 Tapia(タピア)が西日本新聞にて紹介されました。 タピアのニュースWEB版はこちら。

【重要なお知らせ】弊社製品の一部におけるセキュリティ対応について

  21.10.2019   Team MJI   news   No comments

2019年10月21日 【重要なお知らせ】弊社製品に関するセキュリティ面の脆弱性を指摘するSNS投稿について 平素より、弊社製品をご愛顧賜り、誠に有り難うございます。 弊社製品の一部におけるセキュリティ脆弱性に関する報道に関しご報告致します。 1. 弊社製品のすべてにおいて指摘のあった不正アクセスリスクがあるわけではございません。 2. 対象型番は「SE100J-W」です。 3. 対象製品においてもネットワーク回線を使って外部から攻撃を受ける等の危険はございません。 所有者以外の第三者がロボットの目の前で直接操作をし、悪意を持った不正行為を行う事によって起こりえるリスクです。 4. 不正アプリ検知・削除機能を配信予定です。配信日時は追ってご連絡致します。 問い合わせ先:support01@mjirobotics.co.jp この度は、弊社製品をご利用いただく皆様にご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。弊社はご利用のお客様の安全とセキュリティについて真摯に取り組んで参ります。 2019年10月25日 <追記>弊社製品のセキュリティ対応に関する報道について 弊社製品のセキュリティ脆弱性指摘に対する対応に関し、一部メディアにおいて、対応を放置していたという誤った報道がなされております。 しかしながら、弊社はセキュリティの脆弱性について指摘を受けた場合には、直ちに当該製品の安全性の確認及びセキュリティ対応を実施しています。 弊社は、今後とも、弊社製品をご利用いただく皆様の安全を守るために、継続的にセキュリティの維持向上に努めて参ります。 株式会社MJI

【重要なお知らせ】弊社製品に関するセキュリティ面の脆弱性を指摘するSNS投稿について

  18.10.2019   Team MJI   news   No comments

2019年10月18日 平素は、弊社製品をご愛顧賜り、誠に有り難うございます。 H.I.S.ホテルホールディングス株式会社の「変なホテル舞浜 東京ベイ」に納品した弊社製品について「セキュリティ面における脆弱性」について指摘をいただいた件に関し、次のとおり、ご報告します。 セキュリティ面における脆弱性について指摘をいただいた経緯について 弊社は、H.I.S. ホテルホールディングス社が運営する宿泊施設「変なホテル舞浜 東京ベイ」の客室に設置されている弊社製品に関して、H.I.S. ホテルホールディングス社より、「セキュリティ面における脆弱性」を指摘するメールを宿泊者から受け取った旨の報告を受けました。H.I.S. ホテルホールディングス社と弊社にて調査した結果、外部からのセキュリティハッキングによる不正操作を含めたリスクが極めて少ないと判断しました。 しかしながら、後日、H.I.Sホテルホールディングス社より、SNS上に、NFC「Near Field Communication」経由による不正アクセスが可能であることを指摘する投稿がある旨の報告を受けました。弊社にて再度の調査を行ったところ、H.I.Sホテルホールディングス社に納品した製品に関し、特定の条件下においてNFC経由による不正アクセスの危険性が否定できないことを確認しました。 弊社の対応について 弊社は、H.I.S. ホテルホールディングス社の宿泊施設の客室に設置されている製品の全台について調査を実施し、不正なアプリケーション等のインストールがされていないことを確認するとともに、NFC機能を停止する措置を講じました。 弊社製品への影響について 今回の危険性は、悪意を持った第三者がロボット本体を目の前で直接不正操作することによっておこりえるリスクであり、ネットワークなどを通して外部から第三者がロボットにアクセス出来るというものではありません。 また、弊社製造した製品全てについて今回と同様の不正アクセスの危険性が存在するわけではございません。ご利用のお客様で不明な場合は、大変お手数ではございますが下記までお問い合わせください。 問い合わせ先:support01@mjirobotics.co.jp この度は、弊社製品をご利用いただく皆様にご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。今後の再発防止及び更なる品質向上に努めて参りますので、今後とも弊社製品をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。 株式会社MJI 改訂 2019/10/18

介護ふれあいロボットシステムHIMBOT(ヒムボット)新登場

  11.09.2019   TeamMJI   case, news, press   No comments

2019年9月11日 介護施設向けのコミュニケーションロボットシステムHIMBOT(ヒムボット)が誕生します。 コミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下MJI)が現在販売しているコミュニケーションロボット「Tapia(以下 タピア)」を使用した、介護施設向けのふれあいコミュニケーションロボットシステム『HIMBOT(以下 ヒムボット)』 が誕生します。ヒムボットは、ITサービス会社である株式会社ヒミカ(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長: 渡邉 力夫、以下 ヒミカ)様が開発した、タピアとタブレットを組み合わせた介護施設向けのシステムです。Tapia SDKをご活用いただき、ヒミカ様のソリューションである『HIMVIT(ヒムビット)』にタピアを組み合わせることで、介護施設従事者の方々の業務負担軽減、介護サービス利用者様(以下 利用者様)の施設利用満足度向上につながることが期待されます。2019年12月末より販売を予定しております。 「ヒムボット概要」 【製品名】 介護ふれあいロボットシステムHIMBOT(ヒムボット) 【発売日】 2019年12月末(予定) 【販売価格】 介護サービスやシステム構成により異なります。 【販売形態】 富士通株式会社介護事業者支援システム「WINCARE(ウィンケア)」と連携します。ヒミカより富士通株式会社パートナーを経由し、富士通パートナーから介護事業者様へ販売・保守を行うという形態となります。 【機能】 介護サービス受付け・介護記録 (来所・退所受付、入浴、機能訓練、レクレーション、食事・おやつ・飲み物等、ポイント管理)   「ヒムボット」について ・ 介護施設にて利用者様の来所、退所、入浴、機能訓練といった実績を記録していく必要があります。玄関や脱衣場など介護サービスを行う場所にタピアを設置し、利用者様自らタピアにタッチすると介護記録が作成されます。また、タピアは持ち運びも簡単のため、必要な時に必要な場所へ設置し、介護施設毎に適した柔軟な介護サービス運用を行えます。 ・ 利用者様自らお好みの食事やレクレーションなどを選択できるコミュニケーション機能を搭載。例えば、利用者様にその日食べたい昼食メニューや行いたいレクレーションを、タピアとの楽しいコミュニケーションを介してお選びいただくことができます。 ・

【メディア】高齢者向けパートナーロボットを販売(くまもと経済)

  26.08.2019   Team MJI   news   No comments

2019年8月26日 Tapia Press(タピアプレス)が、「くまもと経済」のフォトニュースにて紹介されました。 タピアプレスのニュースはこちら。

【お知らせ】AWSの障害について

  23.08.2019   Team MJI   news   No comments

2019年8月23日 2019年8月23日 13時頃よりAWS(Amazon Web Services)において障害が発生していることが確認されております。 弊社で提供している一部サービスでもご利用できない、接続が不安定な状況となっております。 復旧が完了し次第、改めてご報告いたします。 この度は、皆様にご不便ご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。