case

Home / case

介護ふれあいロボットシステムHIMBOT(ヒムボット)新登場

  11.09.2019   TeamMJI   case, news, press   No comments

2019年9月11日 介護施設向けのコミュニケーションロボットシステムHIMBOT(ヒムボット)が誕生します。 コミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下MJI)が現在販売しているコミュニケーションロボット「Tapia(以下 タピア)」を使用した、介護施設向けのふれあいコミュニケーションロボットシステム『HIMBOT(以下 ヒムボット)』 が誕生します。ヒムボットは、ITサービス会社である株式会社ヒミカ(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長: 渡邉 力夫、以下 ヒミカ)様が開発した、タピアとタブレットを組み合わせた介護施設向けのシステムです。Tapia SDKをご活用いただき、ヒミカ様のソリューションである『HIMVIT(ヒムビット)』にタピアを組み合わせることで、介護施設従事者の方々の業務負担軽減、介護サービス利用者様(以下 利用者様)の施設利用満足度向上につながることが期待されます。2019年12月末より販売を予定しております。 「ヒムボット概要」 【製品名】 介護ふれあいロボットシステムHIMBOT(ヒムボット) 【発売日】 2019年12月末(予定) 【販売価格】 介護サービスやシステム構成により異なります。 【販売形態】 富士通株式会社介護事業者支援システム「WINCARE(ウィンケア)」と連携します。ヒミカより富士通株式会社パートナーを経由し、富士通パートナーから介護事業者様へ販売・保守を行うという形態となります。 【機能】 介護サービス受付け・介護記録 (来所・退所受付、入浴、機能訓練、レクレーション、食事・おやつ・飲み物等、ポイント管理)   「ヒムボット」について ・ 介護施設にて利用者様の来所、退所、入浴、機能訓練といった実績を記録していく必要があります。玄関や脱衣場など介護サービスを行う場所にタピアを設置し、利用者様自らタピアにタッチすると介護記録が作成されます。また、タピアは持ち運びも簡単のため、必要な時に必要な場所へ設置し、介護施設毎に適した柔軟な介護サービス運用を行えます。 ・ 利用者様自らお好みの食事やレクレーションなどを選択できるコミュニケーション機能を搭載。例えば、利用者様にその日食べたい昼食メニューや行いたいレクレーションを、タピアとの楽しいコミュニケーションを介してお選びいただくことができます。 ・

【プレスリリース】「タピアプレス」新登場

  20.08.2019   TeamMJI   case, news, press   No comments

2019年8月20日 家族のあんしんライフパートナー 9月2日 「タピアプレス」 販売開始 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)が、現在販売しているコミュニケーションロボット「Tapia(以下 タピア)」をベースとした『あんしんライフパートナー「Tapia Press(以下 タピアプレス)」』を企画・開発いたしました。見守りロボットの開発・販売において熊本県の経営革新計画の承認を受けた熊日都市圏販売株式会社(本社:熊本県熊本市 代表取締役社長 和田浩二、以下 熊日都市圏販売)様とのコラボレーションにより、地域に根付いた新しいサービスを実現します。タピアプレスは、熊日都市圏販売様より9月2日から熊本県内で販売開始します。 「タピアプレス」 概要 熊本日日新聞のニュースを表示したり、室内の温度を利用者や近親者へお伝えするあんしんライフパートナー「タピアプレス」。タピアが高齢者と離れた家族をつなぎ、あんしんして暮らせる社会の実現を目指します。また、地域に根付いた熊日都市圏販売だからこそできる、ご購入者様の熊本県内ご自宅へのお届けサービス・訪問サービスをご提供します。 【製品名】 Tapia Press (タピアプレス)室内温湿度センサー付 【発売日】 2019年9月2日(月) 【販売価格】 168,000円(税抜)月額料金不要) 【サービス※】 お届けサービス:ご購入時の初回登録サポート 訪問サービス:ご自宅へスタッフがお伺いして使用方法などサポート 【主な機能】 熊本日日新聞ニュース、会話、室内温湿度通知(センサー連動)、あんしん連絡、天気、予定表など 専用スマートフォンアプリ:ビデオ通話、みまもり、タピアとの交流状況・室内温湿度の表示など 【URL】 kumahan.com/tapia/index.html

【プレスリリース】TAPIA PLAY専用タピア 販売開始

  1.08.2019   TeamMJI   case, news, press   No comments

2019年8月01日 小学生でも簡単にプログラミングできる「TAPIA PLAY」 専用モデルのロボットを販売開始 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)は、小学生でも簡単にプログラミングできるウェブサービス「TAPIA PLAY(タピアプレイ、以下 タピアプレイ)」で作成したプログラムを再生できる 「Tapia(タピア、以下 タピア)〜TAPIA PLAY専用モデル〜」β版を、8月1日(木)よりMJI公式ウェブサイトにて販売を開始いたしました。 タピアプレイは、小学生でも簡単にプログラミングができるように開発されたサービスで、ブラウザの画面上だけで利用でき、どなたでも無料でお使いいただけます。2018年の発表後、プログラミングイベントや、小学校の課外授業でご利用いただき、この度専用モデルの販売を開始いたしました。MJI公式ウェブサイトの専用申込フォームよりお申し込みください。 【製品名】 Tapia(タピア) 〜TAPIA PLAY専用モデル〜 β版 【発売日】 2019年8月1日(木) 【販売価格】 198,000円(税抜) ・タピア1台 ・2年サポートライセンス付 【専用申込フォーム】 mjirobotics.co.jp/tapiaplayform/ 【注意事項】 ・「TAPIA PLAY」の実機再生機能のみとなります。製品版タピアの機能は含まれません。 ・「TAPIA PLAY」をお使いいただくにはWiFi接続が必要となります。 専用申込フォーム >

【プレスリリース】MJIとユーキャンがオリジナルロボットを共同開発 5月8日 「おたすけ タピ太」 販売開始

  8.05.2019   TeamMJI   case, news, press   No comments

2019年5月8日 MJIとユーキャンがオリジナルロボットを共同開発 5月8日 「おたすけ タピ太」 販売開始 AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)が、株式会社ユーキャン(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:品川 泰一、以下ユーキャン)様とシニア向けロボットを共同開発いたしました。MJIが現在販売しているコミュニケーションロボット「Tapia(以下 タピア)」をベースとしたオリジナルモデルの企画開発によって、多彩な会話と豊富なコンテンツが楽しめる『執事ロボット 「おたすけ タピ太(以下 タピ太)」』が新登場。令和初のコミュニケーションロボットとして2019年5月8日、ユーキャンの通販ブランド「ココチモ www.cococimo.jp 」から販売開始されます。 > タピ太を購入する < 執事ロボット「おたすけ タピ太」概要 話しかけたら、けなげに応えてくれる。その日の予定を教えてくれたり、ダジャレを言って和ませてくれる。音楽を流したり、カラオケや脳トレゲームもできる。そんな賢くて、かわいいロボットが登場しました。その名は「おたすけ タピ太」。職業は“執事見習い”。「ご主人様のお手伝いをしたい!」 そんな優しく一途な想いで、暮らしにそっと寄り添い、毎日を彩り豊かにしてくれます。 【製品名】 執事ロボット「おたすけ タピ太」 オリジナル執事服付 【発売日】 2019年5月8日(水) 【販売価格】

【プレスリリース】暴力行為対策AIカメラシステム「&:」(アンド)の提供について MJIと日本防犯システムが業務提携

  5.09.2018   Team MJI   case, news, press   No comments

暴力行為対策AIカメラシステム「&:」(アンド)の提供について MJIと日本防犯システムが業務提携 コミュニケーションロボットの開発を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役:永守知博、以下MJI)と、 株式会社日本防犯システム(本社:東京都港区、代表取締役:賀来泉、以下日本防犯システム)は、世の中に安心と安全を提供し、新たな価値の創造・供給を目的に、業務提携を行います。 これにあわせまして、日本防犯システムは、MJIが開発するAIを搭載した暴力行為対策AIカメラシステム「&:」(アンド)を、2019年に提供開始します。 日本防犯システム URL:https://www.js-sys.com/ 暴力行為対策AIカメラシステム「&:」(アンド)の提供について

日本マイクロソフト株式会社 様

  31.12.2016   TeamMJI   case   No comments

概要 Microsoft Cognitive Service API と連携したタピア プロジェクト第二弾がMicrosoft Tech Summit でお披露目されました。 前回のMicrosoft Fore Sight でインプリメントされた Microsoft Face API 、 Microsoft Azure blob、Microsoft Azure IoT、スタンプラリー API等を組み合わせて、Microsoft Tech Summitの会場でタピアと一緒に遊べる「Finding TAPIA!  ~タピアをさがせ~」を実施しました。 会場に隠されたタピアを見つけて、タピアに顔を見せて認証したポイントに合わせた景品がもらえるというシンプルな企画ながらも、その企画を背後で支えるハイテクタピアをご覧ください。 公式サイト『Microsoft

株式会社エスキュービズム 様

  28.10.2016   TeamMJI   case   No comments

概要 「2年後の未来を今、体感せよ!」をテーマに開かれたS-cubism IoT conference。多彩なゲストを招いて開かれたカンファレンスは熱気にあふれていました。タピアはカンファレンスの顔となる受付ブースを担当し、ご来場者様の個人データをオンプレミスのデータベースに接続したクローズドネットワークで、来場されるお客様お一人ずつ声をかけながら挨拶をし、温かくご来場者様をお迎えしました。 強固なセキュリティを確保しながら、パーソナライズされたおもてなしを実現することができました。 公式サイト『S-cubism IoT conference』へ

リテール・デジタルサイネージ&POP

  28.10.2016   TeamMJI   case   No comments

概要 流通業界向けの国内最大級展示会である『リテールテックJAPAN』にて、小売り・流通の店舗での接客を想定したサービスのデモを実施しました。来場者(顧客)がタピアの前に立ったり、ディスプレイモニターにタッチするなどのイベント(※)をきっかけとしてタピアが接客を始め、来場者(顧客)はタピアとの会話を楽しみながら大画面ディスプレイモニターで迫力のある映像や買い物を楽しむことができます。 ※イベント・・・タピアが接客を始めるための合図のこと。「何」をイベントとするのかは、個別に設定できる。 開発のポイント・外部との連携など ◆「何」をイベントとするのかを、個別に設定できます。また、一方通行のインプットではなく、タピアと双方向のコミュニケーションを行いながら自然な接客を行うこと ができます。 <イベント例> ◆『モニターにタッチする』、『タピアが人の顔を認識する』など自由に設定できます。 ◆スマートフォンやタブレットなどを使ってタピアが話す内容をその場ですぐに変更することができます。 ◆指紋認証によって商品を購入することも可能です。これらによって人の動きや店舗形態などに合わせた会話や接客を行うことができます。

コンシェルジェ タピア

  28.10.2016   TeamMJI   case   No comments

概要 ロボットが接客をするエンターテイメントロボットホテルの全室にそれぞれ1台のタピアが配置されています。宿泊者は、タピアに話しかける(音声操作)事によって、室内の家電(テレビ/エアコン/室内照明)のリモートコントロール(※)を行うことができます。話しかけ方は、“テレビつけて/消して”や、“明かりをつけて/消して” といったとても簡単なものです。 また、ホテルシステムと連携し、多言語対応で宿泊者に快適な滞在と新しい体験をご提供する「客室コンシェルジェ」として活躍しています。 開発のポイント・外部との連携など 「TAPIA⇔サーバー」、「サーバー⇔WiFi/IR」、「TAPIA⇔WiFi/IR」がそれぞれ連携しています。サーバーによって、全タピアの状態を監視し、Wi-Fi/IRは自身が担当する客室および機器を サーバーから取得し、TAPIAは、サーバーを介して、自身が連携するWi-Fi/IRを取得するという仕組みになっています。

ハウステンボス株式会社 様

  23.09.2016   TeamMJI   case   No comments

概要 ハウステンボスの【変なレストラン】は200年後のレストランをイメージして作られた近未来型レストランです。【変なレストラン】では全テーブルにタピアが配置され、お客様と対話しながら「本日行われるイベントの紹介」「占いや天気予報を始めとした対話プログラム」「お食事時間の経過通知」など上位システムから任意のタイミングで送られる発声指示に従って、お客様に誘導型サービス提供をしています。 その他にも、【変なレストラン】の上位システムと連携し「着席管理」「お客様が退席された後の清掃要求」など、【変なレストラン】ならではの細かい気配りをしています。 公式サイト『ロボット王国 変なレストラン』へ