受賞・認定

MJI・Tapiaに関する受賞情報

Taiwan AI x Robotics Accelerator 2018(TAIRA2018)

2018年6月15日に台湾で開催された『Taiwan AI x Robotics Accelerator 2018(以下、TAIRA 2018)』の最終ピッチセッションにて「優選賞」を受賞いたしました。

『TAIRA 2018』には、世界中の100以上のスタートアップ企業から応募があり、テクノロジーの南部科學工業園區管理局(台南サイエンスパーク内)で開催した最終ピッチセッションまでは23社が通過いたしました。 最終ピッチにはMicrosoft社、IBM社等の企業や病院、銀行が審査員として参加。その結果、計10社が受賞し、日本企業としてはMJIが唯一受賞いたしました。MJIは今回審査員の中から病院・銀行のマッチング指名を受けました。また台湾政府から世界的大企業との連携や商品開発等のサポートを受けることができます。 MJIは今後、台南サイエンスパーク内にサテライトオフィスを設置して開発スピードの向上と効率化を図り、タピアを活用した新たなソリューション提供とマーケット創出を目指します。

【タピア×Microsoft Azure 活用イメージ】
タピアはAndroid OSをベースに設計開発しており、今春リリース予定のタピア開発キットはAndroidアプリケーション開発者であれば気軽に開発できる環境です。タピアはバッテリー内蔵し、充電ベースに設置され常に電力が供給される状態の日常的に人と接する小型のコミュニケーションロボット。今後Azure IoT Gateway SDKにも対応することにより、一般のご家庭だけでなくサービスの場において多くのコンタクトポイントが生まれることから、センシングデータ収集等、常時クラウドと接続できるためIoT Hubとしての可能性を秘めています。

BluetoothやWi-Fiで様々なIoTデバイスと連携するだけでなく、IoT Hub Device Managementへ対応することにより、ハードウェアの故障検知、ソフトウェアバージョン管理など、個々のデバイスの状態を適切にシステム管理し運用することが可能となります。

タピア×Microsoft Azure活用から、他言語対応や地域・交通情報のご案内といった、ホテルやレストラン、観光地のインバウンド対応でお客様へのシームレスなサービスが期待されます。