【北海道厚沢部町】タピアを高齢者見守りロボットとして採用

Home / news / 【北海道厚沢部町】タピアを高齢者見守りロボットとして採用

2021年04月1日

ロボットが見守る新しい暮らし
タピアを高齢者見守りロボットとして北海道厚沢部町が採用

「Tapia Pocket(タピアポケット)」が、北海道檜山郡厚沢部町の「高齢者見守りロボット」として採用されました。

■厚沢部町ホームページへ
ロボットが見守る新しい暮らし

遠くの家族と高齢者、包括支援センターがつながるしくみです。
● ご家族は高齢者とビデオ通話や安否確認
● 包括支援センターは予定管理と日々のコミュニケーション

見守りロボットタピアを使ってできること
● ビデオ通話
● 360度回転する内蔵カメラを使った安否確認*
● 遠隔でのスケジュール管理
● 生活に便利なニュースや気象の情報提供
● タピアとのコミュニケーション(音声認識による会話ができます)

利用料金等
● 初期費用 12,600円
● 月額利用料 6,000円(通信料とクラウドサービス利用料)

 お問い合わせ
● 厚沢部町保健福祉センター(厚沢部町保健福祉センター内)
● 電話:0139-64-3319(地域包括支援係・介護保険係)

*左右175度回転。カメラの視界によって360度室内を確認することができます。

導入検討される介護施設・自治体の方は、タピアポケット法人お問い合わせよりご連絡ください。

タピアポケット(Tapia Pocket)| 見守りロボット レンタルサービス
タピアはおしゃべりだいすきな5歳の女の子。離れた家族の安心と笑顔をつなぐ、見守りが得意な家庭用のコミュニケーションロボット「タピア」のレンタルサービス『Tapia Pocket(タピアポケット )』。自治体・介護施設などでのお申し込みも受け付けています。

■タピアポケットとは
「コロナ禍で家族と会えない」「⾼齢で離れて暮らす親が⼼配」 「毎⽇連絡はとれないけど様⼦が知りたい」「顔を⾒ながらビデオ通話でお話ししたい」といった、ご⾼齢の⽅と離れて暮らすご家族の悩みを解決︕会話・⾒守り・ビデオ通話機能などを持った、見守り会話ロボット「タピア」の、家族の安心と笑顔をつなぐ月額定額制レンタルサービスです。