Loading...

『ロボット情報WEBマガジン ロボスタ』に掲載されました

Home / news / 『ロボット情報WEBマガジン ロボスタ』に掲載されました

ロボスタ シャンティ
株式会社シャンティ様が開発された、医療スタッフに代わり医療説明をする小型ロボット「パラメディTapia」が、兵庫県のあさぎり病院と神奈川県内のクリニックに導入し稼働を開始しました。『ロボット情報WEBマガジン ロボスタ』に記事が掲載されました。

記事:【医療xロボット】白内障手術の説明はロボット「パラメディTapia」にお任せ! シャンティが総合病院の眼科に導入

 

株式会社シャンティ様 プレスリリースより

医療AI×ロボット「パラメディTapia」の提供を開始!
〜医療機関で初のTapia実運用開始。兵庫県明石市「あさぎり病院」に初導入〜

<ロボットと共に未来をみる>株式会社シャンティ(本社:東京都目黒区、代表取締役:稲垣幹矢)は、12月12日、医療スタッフに代わり医療説明をする小型ロボット「パラメディTapia」を、あさぎり病院と神奈川県内のクリニックに導入し稼働を開始しました。 弊社では、ロボットによる医療スタッフの業務支援をするシステム「パラメディS」を企画・開発しており、その第1弾として、MJI社が提供するロボット「Tapia」を採用し、医療機関向けソリューション「パラメディTapia」の販売を開始しました。パラメディSを利用することで、導入先で問診や検査説明などを医療現場の想いを入力することで、ロボットと一緒に表現できるようになります。「パラメディS」は今後は他のロボットへの展開も含めて予定しています。

詳細:医療AI×ロボット「パラメディTapia」の提供を開始! 〜医療機関で初のTapia実運用開始。兵庫県明石市「あさぎり病院」に初導入〜